華道本能寺 若宗匠 中野 天心 Q.京都に住む中野先生から見た金沢の印象は?とてもストイックな美意識を感じますね。東茶屋街っていうんですか。カッコいいですよね。京都の祇園も同じように古い町家を残す町ですが、祇園以上にストイックな印象を受けました。クラシカルな建築とモダンが共存していますよね。京都ではこうはいきません。歴史的建造物を保存するばかりです。保存するだけではマーケットが広がらないんですよね。華道も同じです。いまのライフスタイルや哲学にあわせてどうやって生け花のよさを伝えるかを考えなければいけない。創意工夫が金沢の町にはある。保存する美学ではなく、進化発展させていく美学。次世代に受け継ぐべき日本家屋の在り方というのは、まさに金沢の町から生まれるかもしれませんね。