部活の紹介

能楽部

受付中

女流能楽師が直接お稽古! 初心者からはじめられる能楽入門教室。

100424_ph02

  • 日時:2011年3月26日10:00〜12:00
  • 場所:タテマチ大学教室
  • 参加対象:不問
  • 参加費:無料
  • 定員:15名
  • 先生:松田 若子(宝生流能楽師)

能楽の謡(うたい)と舞いを体験した4月の授業が大反響!「もう1度習いたい」という熱烈な声にお応えして、松田先生の能楽体験教室が部活になって帰ってきました。じつは金沢では加賀藩の時代から能楽は観る芸能というより、みんなで演じて愉しむ芸能。「町を歩けば空から謡が降ってくる」と評されたほど、どの家庭でも親しまれていたんです。いまでは能楽師さんから直接指導してもらえるのは貴重なチャンス。教室は初心者からはじめられる入門篇です。あなたもユネスコの世界無形文化遺産「NO-GAKU」をマスターしてみませんか?

REPORT UP

  • 受付時間

  • 定 員

    15名

  • 参加対象

    不問

  • 開催日時

    2011年3月26日10:00〜12:00

  • 場 所

    タテマチ大学教室

  • 参加費

    無料

  • 必要な準備

    扇子(うちわ)と、足袋(靴下)

※ 注意事項を必ずお読み下さい

先生プロフィール

松田 若子(まつだ わかこ)
宝生流能楽師
金沢市生まれ。宝生流能楽師の権威・渡邊容之助氏の長女。3歳で父に入門。5歳で初舞台を踏む。1983年に東京芸術大学に入学し、宝生流佐野萌教授に師事する。大学院修了後は、地元の金沢能楽会定例能に出演するほか「金沢大学宝生会」などで講師を務める。1992 年には文化庁芸術インターンシップ研修員に選ばれる。結婚・出産を経たいまも第一線の舞台で活躍。能の継承活動にも意欲的で「加賀宝生子ども塾」や「梅鶯会」などで子どもたちや学生に指導している。
teacher_41
()

▲Page Top