授業の紹介

授業終了

里山学部プレゼンツ「能登コメ会議2012」第2弾

「カメラ女子デビューするなら能登の里山がテッパン!」

稲刈り体験と写真撮影の里山出張講座(お祭りもあるよ!男子も大歓迎!)
※9月23日(日)は希望者のみの参加となります。

  • 日時:2012年9月22日(土)8:00〜18:00(バスで七尾市中島町釶打地区に向かいます)
  • 場所:七尾市中島町釶打地区
  • 参加費:700円
  • 定員:20名
  • 先生:西尾 勉、足袋抜 豪 中島町西谷内地区専業農家、水中写真家/農家
持ち物:カメラ(どんなカメラでもOK)

能登コメ会議2012の第2弾は能登の里山への出張授業!

七尾市は中島町釶打地区へおじゃまして稲刈り体験と写真講座の二部構成です!
みんな仲良くバスに乗って小旅行気分で参りましょう〜♪

<9月22日(土)/午前の部>

農家のみなさんが丹誠込めて育てた稲穂たち。しっかり育って頭を垂れ、収穫の時を待っています。午前の部では地元農家の西尾さんにご指導いただきながらの稲刈り体験です。長靴はいてカマをもったら田んぼにGO!手刈りした稲穂は昔ながらの「はざ干し」でフィニッシュです!ひと仕事した後のランチも楽しみ〜♪古くから稲刈り時に食べられている田舎料理をいただき、五感で里山を満喫します!

<9月22日(土)/午後の部>

午後からは釶打地区を散策しながらの写真撮影講座。藤瀬の霊水に代表されるように、この地区は清らかな水のおかげでとっても自然が豊か。自由に飛ぶトンボ、熊木川のせせらぎ、よりそい踊る葉っぱたち。どこを切り取っても絵になるんです〜♪水中写真家でありながら珠洲市で農業を営んでいる足袋抜さんが写真のレクチャーをしてくださいます。自分だけのとびきりの里山を切りとってみましょう!

<9月23日(日)/希望者のみ>

9月23日(日)には秋の収穫を喜ぶ地元の伝統行事「新宮祭=(枠旗(わくはた)祭り)が開催されます。「せっかくだから参加したい!」という方は是非どうぞ。なんと、地元の農家さんのお宅に民泊できちゃう特典付きです!費用もかからないんですよ!地元のみなさんと語り明かしましょう!

◆枠旗まつりの詳細はこちら→http://www.nanaoh.net/p136.html

<22日(土)/稲刈り体験+写真撮影講座のスケジュール>

9月22日(土)

8:00 タテマチ大学発
8:30 石川県庁発
10:00 七尾市中島町釶打地区着
10:00 稲刈り体験
12:00 昼食
13:30 里山散策&写真撮影
16:00 釶打地区発
17:30 石川県庁着
18:00 タテマチ大学着

※持ち物/着替え、飲み物、帽子、長靴、軍手、タオルなど

<22日(土)&23日(日)/お祭り希望者のスケジュール>

9月22日(土)

8:00 タテマチ大学発
8:30 石川県庁発
10:00 七尾市中島町釶打地区着
10:00 稲刈り体験
12:00 昼食
13:30 里山散策&写真撮影
16:00頃 民泊先へ移動
17:00頃 お風呂/着替え/夕食など

9月23日(日)

6:00頃 起床/食事
7:00頃 お祭りスタート/地区内練り歩き
12:00頃 昼食
13:00頃 お祭り/地区内練り歩き・島田くずしなど
16:30頃 能登鉄道能登中島駅へ無料バスで移動/各自金沢へ
(17:39 能登鉄道能登中島駅発 → 19:28 JR金沢駅到着予定)

※持ちもの/宿泊に必要なもの一式(歯ブラシ、パジャマ、タオルなど)、着替え、お祭りのときに着るもの(Tシャツ、ズボン、短パン、運動靴など)

※22日の夕食、23日の朝食/昼食は無償提供いたします。
※22日夕食時の嗜好品(アルコール等)代は参加者の負担とします。
※23日の能登鉄道能登中島駅から金沢方面への交通費は参加者の負担とします(1,640円)。
※23日のお祭り後、入浴を希望される方は最寄りの温泉施設を利用できます。費用は参加者負担とします。(なかじま猿田彦温泉450円/大人)

REPORT UP

先生プロフィール

先生:西尾 勉、足袋抜 豪 にしお つとむ、たびぬき ごう
先生(左)/西尾 勉(にしお つとむ)
1955年、七尾市中島町西谷内(旧鹿島郡中島町西谷内)で兼業農家の次男として生まれる。2002年ごろ東京から故郷へ戻り、建具職人をしながら本格的に農業をスタート。現在は周囲からの委託分を含め、田んぼ1.1haでお米を生産。その他にも大豆、ささげ、金時豆等の野菜類をつくっている。古くから伝わる稲穂の乾燥手法「はざ干し」に強いこだわりを持ち、自家消費用だけでなく販売用のお米もこの手法で乾燥させる。農作業のはじまりを実感できる“春”を愛する。

先生(右)/足袋抜 豪(たびぬき ごう)
1978年生まれ。珠洲市出身。金沢市のダイビングショップで勤務後、水中写真家としてデビューする。写真のテーマは「MOTHER NATURE(母なる自然)」。世界中の海をアトリエにして自然・人物・文化を写し、これまでに国内31か所・海外14か所で撮影を敢行した。地元能登の地域活性化にも意欲的に取りくみ、現在国連機関と共同で里海プロジェクトを実施している。また全国各地で水中撮影指導や環境保護教育活動もつづけている。水中環境にとって重要な里山の環境を守るという意味も込め、珠洲市で農家としても活動中。
kome12_02

▲Page Top