授業の紹介

授業終了

里山学部プレゼンツ 「能登コメ会議」第1弾

「能登のお米を食べ比べ!僕らは“本当のお米の味わい方”を知らない!?」

お米のプロがタテマチ大学に集結!明日からごはんの食べ方がグンと変わる能登コメ白書

  • 日時:2011年11月19日(土)14:00〜15:30(13:30開場)
  • 場所:タテマチ大学教室(FULL OF BEANS 2F)
  • 参加費:無料
  • 定員:30名
  • 先生/長田 竜太,細川 一郎,川 きみよ 日本キヌカ株式会社 代表取締役社長,珠洲農林事務所,お米Bar「東山 みずほ」オーナー
※持ちもの:マイごはん茶碗&マイ箸


日本人はなぜお米を主食にしているの?お米の味ってどう違うの?土地の地形でお米の味って変わるものなの?能登のお米が美味しいってほんと?etc...
あなたは「どうして自分が毎日お米を食べるのか」考えたことはありますか?お米の味がどのように違うか、味わってみたことありますか?今回はタテマチ大学 里山学部プレゼンツ「能登コメ会議」第一弾として、3人のおコメのプロが集結!伝説のお米伝導師、かつ現役農家として活躍する長田先生。東山の超人気店「お米Barみずほ」の川先生。能登の田んぼづくり博士の細川先生。お米の「味くらべ」から「日本人とお米の関わり」「土地と米づくり」まで。今まで知らなかった「本当のお米の味わい方」を体験してみましょう。

★タテマチ大学特設サイト”コメつぶ会議“で『あなたの“美味しいコメの食べ方”』募集中★
「アツアツの白ご飯に生卵!」「白ごはんをそのまま!」「みりん醤油を和えたおかかをのせて!」など、あなたならではの“美味しいお米の食べ方”をコメつぶ会議でシェアしませんか?
参加者から抽選で能登米のプレゼントのチャンスも!
http://www.tatemachidaigaku.jp/komekaigi

REPORT UP

先生プロフィール

先生/長田 竜太,細川 一郎,川 きみよ おさだ りゅうた,ほそかわ いちろう,かわ きみよ
先生/長田 竜太(おさだ りゅうた)
日本キヌカ株式会社 代表取締役社長

「長田先生のお話を一度聞くと、次の日からお米の価値観が変わる!?」
と言われる伝説のお米伝導師、長田竜太さん。どこへ言っても「長田さんのお米の話は、とってもわかりやすい」と各種講演会や小・中学校の授業にひっぱりだこ。また、長田さんご自身現役農家をされながら“米ヌカ”をつかった自然塗料「キヌカ」の開発を手掛け、日本キヌカ株式会社の社長を務めています。能登コメ会議では、長田さんに「なぜわたしたちはお米を食べているのか」「なぜ日本人はお米を主食としているのか」についてお話いただきます。わたしたち“日本人とお米の深いつながり”について学んでみましょう。

1964年、石川県小松市に農家5代目次男として生まれる。農林水産省農業者大学校卒業後、就農。食と健康へのこだわりから有機質肥料100%の米作りを行い、一切補助金に依存しない完全無借金経営を実践。1996年コメ糠の有効利用に注目して有限会社ライスクリエイトを設立。特許庁特許流通促進事業の国内第一号として国と国有特許実施契約締結「玄米ギャバ」を発売。2004年岡山大学農学部非常勤講師就任。2006年日本キヌカ株式会社設立。お米から生まれた自然塗料「キヌカ」が第4回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞受賞。(社)日本DIY協会「人と環境にやさしい商品」部門で2年連続金賞受賞。2007年NHKビジネス未来人出演。現在、中部経済産業局農商工連携事業評価委員、農林水産省農林水産技術会議専門委員 独立行政法人農業者大学校特別講師。

著書:「米で起業する!ベンチャー流・価値創造農業へ」(築地書館)
■日本キヌカ株式会社 http://www.kinuka.co.jp
先生/細川 一郎(ほそかわ いちろう)
石川県奥能登農林総合事務所 珠洲農林事務所 担当課長
“能登の田んぼづくり”について聞くなら「農林事務所の細川さん!」。
珠洲の農林事務所の細川一郎さんは、能登の田んぼや畑の現場をまわる“歩く能登田んぼ辞典“。毎日能登の田んぼをかけめぐり、その土地その土地に合った農作物の育て方を農家さんと一緒に試行錯誤しています。能登コメ会議では細川さんに「能登の田んぼづくり博士」として“能登のお米づくり”にどういう特徴があるのか、能登の地形において農家さんたちがどういう工夫をされているのか、“能登の土地と米づくりの関係”についてお話していただきましょう。

1986年 石川県庁入庁。2009年 奥能登農林総合事務所珠洲農林事務所にて能登大納言小豆産地育成プロジェクトリーダー。2011年(財)いしかわ農業人材機構 兼務。
先生/川 きみよ(かわ きみよ)
お米Bar 「東山 みずほ」 オーナー
1974年 金沢市出身。東山の茶屋街でいつも満席の超人気店、
お米Bar「東山 みずほ」のオーナー。19歳から東山で飲食業に携わり、その後レストランのフロアマネージャー等を経、32歳 懐華楼店長として店舗運営。35歳に独立し、お米Bar「東山 みずほ」をオープン。お店では石川県産のお米を主軸として6種類ものお米を取り揃え、ひとつひとつ土鍋で炊いてお米を提供。能登コメ会議では、川さん自ら数種類のお米の炊いてきていただいたものを、授業でみなさんと食べくらべ。川さんと一緒にお米の「味・食感・粘り」を味わって、“お米の種類”を知ってみましょう。

■お米Bar 東山みずほ http://www.h-mizuho.jp
komekaigi01

▲Page Top