授業の紹介

授業終了

「伝説杜氏!ぜんぜんお酒が飲めないってウワサはホントですか!?」

金賞受賞歴25回!現代の名工に認定された天才杜氏の“利き酒講座”

  • 日時:2011年4月28日(木)19:00〜20:30(18:30開場)
  • 場所:タテマチ大学教室
  • 参加費:無料
  • 定員:32名
  • 先生/農口 尚彦 鹿野酒造株式会社/杜氏

あのNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」や中田英寿氏の「Revalue NIPPON」など、いろんなメディアに登場する伝説の杜氏。そう、あの能登杜氏四天王の一人である農 口尚彦先生の登場です!全国新酒鑑評会での金賞受賞歴25回。「現代の名工」に認定されて「黄綬褒章」も受賞した経歴をもちながら「毎年、酒づくり1年生ですよ」と非常に謙虚なんです。いまも山廃仕込みという自然界の乳酸菌を相手にしたむずかしい技法に挑みつづける農口先生。当日は丹精こめてつくりあげたお酒をつかって、利き酒のお勉強もできます。お酒好きのみなさん、お見逃しなく!

REPORT UP

先生プロフィール

先生/農口 尚彦 のぐち なおひこ
1932年、珠洲郡内浦町(現・能登町)出身。祖父と父の二代続く杜氏の家に生まれる。静岡県の酒蔵を振り出しに修行を重ね、1963年より菊姫合資会社の杜氏として活躍する。1998年には鹿野酒造株式会社の杜氏に就任し、いまに至る。酒造り61年の熟達者の人生はその実績の数々を見れば一目瞭然。全国新酒鑑評会において、連続12回、通算25回の金賞受賞に輝く。2006年には卓越した技能をもつ者に贈られる「現代の名工」に認定。2008年には「黄綬褒章」を受賞する。得意とする山廃仕込みの技術は青年期に老丹波杜氏より伝授されたもの。無形文化財に値するといわれるほどである。
農口-尚彦-先生

▲Page Top