授業の紹介

授業終了

秋元雄史のまちなか対談シリーズ#5

「新市長先生!さぁ、金沢の都市文化をどうデザインしちゃいますか?」

21美の秋元館長と語る“ざっくばらんな都市デザイン論”講座

  • 日時:2011年3月11日(金)19:30〜21:00(19:00開場)
  • 場所:タテマチ大学教室
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • 先生/山野 之義 金沢市長
  • コーディネーター/秋元 雄史 金沢21世紀美術館 館長

2014年に新幹線がやって来る。そのとき金沢はどう変わるのか?あるいは、どう変わらないのか?都市化?国際化?もしくは、金沢はより“金沢化”していくのか?この街が大好きなワタシたちは、金沢の未来デザインに興味津津です。今回の授業は金沢21世紀美術館の秋元館長との対談スタイル。館長いわく「ざっくばらんに楽しくお話ししたいね!」。新市長に訊きたいことは山ほどあるけれど、今回は「都市と文化」「金沢のアイデンティティ」といったテーマにフォーカス。金沢流の都市文化をどうデザインするか?という切り口で、館長が新市長にぐいぐい迫ってくれると思います(笑)。

REPORT UP

先生プロフィール

先生/山野 之義 やまの ゆきよし
金沢市長。昭和37年3月30日生まれ。金沢泉丘高校卒業。慶應義塾大学卒業後、会社員生活を経て平成7年に金沢市議会議員に無所属で立候補、初当選。以後4期にわたる議員活動を経て、平成22年に金沢市長選挙に出馬し当選。著書に『このまちの手ごたえ』『確信の手ごたえ』『私の尺度』などがあるほか論文も多数発表。
山野-之義-先生
コーディネーター/秋元 雄史 あきもと ゆうじ
1955年東京都生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科卒業。91年から2004年6月までベネッセコーポレーションに勤務。美術館の運営責任者として国吉康雄美術館、ベネッセアートサイト直島の企画・運営に携わる。ベネッセアートサイト直島では97年から2002年まで直島・家プロジェクト(第一期)を担当。主な展覧会は「直島スタンダード」展、「直島スタンダード2」展など、直島全体を会場とした屋外型美術展の開催。1992年〜2004年までベネッセアートサイト直島、チーフキュレーター。2004年〜2006年12月まで地中美術館館長/(財)直島福武美術館財団常務理事、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクター。 ■金沢21世紀美術館/http://www.kanazawa21.jp/
秋元-雄史-先生

▲Page Top