授業の紹介

授業終了

「バックパック師匠!どうしてミャンマーで僧侶に出家したの?」

金沢初ゲストハウスオーナーの“地球と人生の歩き方”講座

  • 日時:2009年11月29日(日)17:30〜19:00(17:00開場)
  • 場所:タテマチ大学教室
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • 先生/横川 雅喜 ゲストハウスpongyi オーナー

今年6月からテレビや雑誌に何度も登場。横川さんは築100年の町家を改修して金沢初のゲストハウスpongyi(ポンギー)をつくった名物オーナー。宿帳には毎日世界各国のバックパッカーたちの名が連なるそうです。聞けば横川さん自身もベテランバックパッカーなんだとか。これまでに南米・アジア各地を遍歴。ミャンマーではなんと数ヶ月間僧侶になった経験もあるんですよ。バックパックの旅の心得や冒険談、人生を楽しく生きるための教訓を聞いてみましょう!

REPORT UP

先生プロフィール

先生/横川 雅喜 よこがわ まさき
1961年生まれ。東京都出身。中学卒業までのうち約12年間をパラグアイとブラジルで過ごす。1985年に上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業後、株式会社東京銀行(現東京三菱UFJ銀行)に就職。ブラジル留学時代にバックパックで南米を旅する。15年間勤めた都銀ではブラジル・サンパウロの現地法人にも勤務。2000年に同行を退職。その後、NPO団体CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの活動に参加。 同団体の理事に就任。その間、数ヶ月間ミャンマーで僧侶を務めた。2009年6月に独立し、金沢市六枚町の築100年の町家を改修したゲストハウス「Pongyi」をオープンさせる。
*「Pongyi」はミャンマー語で「お坊さん」の意味。
横川-雅喜-先生

▲Page Top