授業の紹介

授業終了

「館長さん!なんで"まるびぃ"は美術館っぽくないの?」

金沢21世紀美術館を千倍楽しむ裏ワザ講座

  • 日時:2009年3月6日(金)19:30〜21:00(19:00開場)
  • 場所:タテマチ大学教室
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • 先生/秋元 雄史 金沢21世紀美術館 館長

館長!?そんなに気さくな感じでいいんですか?そのフランクな語り口はまるでラジオ番組を聴いている雰囲気だった。まさかあの金沢21世紀美術館のトップがこんなに親しみやすい人だったとは!?年齢は50代。若い!エラそうな感じがいっさいない!授業の中身もいい意味で予想を裏切られた。とくに20代のころの話。当時の館長はダメ人間だったらしい(笑)。30歳で結婚するとき所持金はなんと7千円少々。「世の中そんな感じでもナントカなるようにできてるんですね」。まさかまさかの館長ヒストリーに知恵と勇気をもらいました(笑)。もちろん現代美術や美術館のあり方についてもお話いただく。日本と海外の美術館のちがいは?まるびぃの海外での評価は?金沢の都市の一部としての美術館の存在意義とは?話題は多彩でまさに濃密な90分間。タテマチ大学の授業の魅力はスゴイ人たちの「いえいえ実はこーなんです」というリアルな話を聴けること。その特徴が第一回目から表れた。授業終了後、秋元館長が生徒のみなさんと気さくにていねいに交流していた姿が印象的だった。(授業を終えて1時間近くも残っていらっしゃった。)

REPORT UP

先生プロフィール

先生/秋元 雄史 あきもと ゆうじ
1955年東京都生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科卒業。91年から2004年6月までベネッセコーポレーションに勤務。美術館の運営責任者として国吉康雄美術館、ベネッセアートサイト直島の企画・運営に携わる。ベネッセアートサイト直島では97年から2002年まで直島・家プロジェクト(第一期)を担当。主な展覧会は「直島スタンダード」展、「直島スタンダード2」展など、直島全体を会場とした屋外型美術展の開催。1992年〜2004年までベネッセアートサイト直島、チーフキュレーター。2004年〜2006年12月まで地中美術館館長/(財)直島福武美術館財団常務理事、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクター。 ■金沢21世紀美術館/http://www.kanazawa21.jp/
秋元-雄史-先生

▲Page Top